2009 年 3 月 18 日 水曜日

「ご教授」と「ご教示」の違いと正しい使い方

090318

仕事のメールで教えてもらうときに「ご教授ください」と使います。
たまに「ご教示ください」という人がいるのでどっちが正しいのか調べてみた。

goo辞書によると

きょうじゅ けう― 【教授】
(ア)児童・生徒に知識・技能を与え、そこからさらに知識への興味を呼び起こすこと。
(イ)専門的な学問・技芸を教えること。
「国文学を―する」
「書道―」

きょうじ 【教示】
(1)〔「きょうし」とも〕おしえしめすこと。示教。
「御―を賜りたく」

どうも使い方を間違えていたようだ。

教授は先生と生徒とか師匠と弟子のような関係で使うもので、教え授けるもの。
わからないことを教え示してもらうから教示。なんですね。

単純に音感でよりかしこまってそうな方を使ってました。

気をつけよう。

今すぐ誰かに話したい「ウケる雑学」―今日から使える!「とっておき」ネタ (王様文庫 A 54-5)
「歴史ミステリー」倶楽部
三笠書房
売り上げランキング: 161549

コメントは受け付けていません。

Category

Archive Of Month

Search

Popular Entry Top 10

    None Found

RSS Feed