091106

ネタ元 攻殻機動隊S.A.Cとコラボだぞっ!:アニメ×マンガ キューブっ!

月刊、週刊両方でだそうで。アニメからコミックでよかった試しはないが。。
(写真は関係ありません)

091105

数日前コンビニでなんとなくジャケ買いしたBRUTUS最新号

この内容がマジやばい。
特集は「真似のできない仕事術」で、12人の著名人のオフィス、仕事の仕方を紹介している。ジブリの鈴木さんや佐藤可志和、VISVIMの中村ヒロキさんなどです。

まぁふんふんと読んでいたのですが、その中で安藤忠雄。感動しました。
なんでかわからないんですがちょっと涙が出てきた。
内容は仕事の仕方とかこだわり、事務所のルールなどが書いてあるのですが、安藤忠雄の一貫したこだわりにはほんとに脱帽です。

んで、その後の記事が糸井重里事務所だったのですが、やり方が安藤忠雄と対極的なんです。

どちらがいいとか悪いとは思いませんでしたが、とにかくすごいなぁと。

ひさしぶりに読み物でぐんぐん読めた。(雑誌だけど)

その他中に「偉人・達人の仕事術カード」ってのがあるのですが、これがおもしろい。
有名な人の名言みたいなのがカードになっています。
「(不可能な事を他人に頼みたい・・・)褒めまくる – スティーブ・ジョブズ -」みたいの。

良かったです。この雑誌。

2009 年 11 月 3 日

ハマルアニメ

091103

もうすぐ東のエデンが公開ですが、準備というかで、購入。

東のエデン プロファイルブック
主婦と生活社
売り上げランキング: 1662

これでTVシリーズをひもときながら映画を心待ちにします。

んでこれでも特集してるんで購入したんですが

ハマルアニメ  特集「東のエデン」を解く etc. (キネ旬ムック)
キネマ旬報 編集部
キネマ旬報社
売り上げランキング: 42095

このムック本、そのほかエヴァ、サマーウォーズ、エウレカ、ハルヒなど特集、これ1冊で今のジャパニメーションをチェキれます。

んでこれも。

Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌]
ロッキング・オン

最近、観ているアニメ。
エウレカセブン
灰羽連盟
オーバーマンキングゲイナー
忘念のザムド

アニメはいいんですよ、アニメは。

2009 年 11 月 1 日

映画でいこう 2009年11月号

091101
昨日は久しぶりに予定のない休みでゆっくりできると思っていたら急に出勤。残念などうも僕です。今日も映画備忘録。

パイレーツ・ロック
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。フィリップ・シーモア・ホフマン、リス・エヴァンスらが海賊ラジオ局のクセ者DJにふんしている。予告編で好きなにおいがするする。

イングロリアス・バスターズ
クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットがタッグを組んだ最強のアクション大作。ナチス占領下のフランスを舞台に、それぞれに事情を抱えたクセのある登場人物たちの暴走をユーモアたっぷりに描く。これはマストでしょ。タランティーノ節がきいている感じ。おもしろくなかったら返金しますのキャンペーンをやってます。

パブリック・エネミーズ
大恐慌時代のアメリカに実在した伝説のアウトロー、ジョン・デリンジャーと彼の恋人との逃亡劇を描いたラブストーリー。無法者として生きる男とFBIの攻防を軸に、運命の恋人との純粋な愛もスクリーンに焼き付ける。ジョニデで大作系なのですが、内容が男向けなのでヒットするか?

インフォーマント!
自社内の不正を内部告発した男の運命と、彼の供述に基づいて捜査するFBIの奔走を描くダーク・コメディー。『オーシャンズ』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が、アメリカ経済史上最も地位が高い内部告発者の実話を映像化。マッドデイモンがぽくないのでおもしろそ。

ゴールデンスランバー
人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く。最近好きな堺雅人なので。

Dr.パルナサスの鏡
『ブラザーズ・グリム』などの鬼才、テリー・ギリアム監督による幻想的なファンタジー。悪魔との契約で不死身を望んだ男を取り巻く人々の皮肉な運命を豪華キャストで描く。謎めいた青年役に、これが遺作となった『ダークナイト』のヒース・レジャー。こっちのジョニデはうけそうです。コリン・ファレル、ジュード・ロウ、豪華。

シャッター アイランド
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著者、デニス・ルヘインの同名小説。
謎が謎系か。こんなの大好き。

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち
1980年代、音楽界に絶大な影響を与えたものの、ほとんど存在を忘れ去られていたヘヴィメタルバンド、アンヴィルの軌跡を追ったドキュメンタリー。地元でさえない仕事をしながらのバンド活動や、悲惨なヨーロッパ・ツアーなどバンドの夢と現実を映し出す。クールな愛すべきおじさまって感じかな?JET13氏おすすめ。

ウェイヴ
独裁政治を学ぶ体験授業をきっかけに洗脳されていく高校生たちの姿を描き、ドイツで大ヒットを記録した心理スリラー。アメリカで起こった実話をドイツの高校に置き換え、『エリート養成機関 ナポラ』のデニス・ガンゼルがメガホンを取った。
なんかホラーじゃくて超こわそう。興味あり。

さまよう刃
『秘密』『容疑者Xの献身』などの原作者でもある人気作家、東野圭吾のベストセラー小説を映画化した犯罪ドラマ。唯一の家族、一人娘を殺された父親が犯人の少年への復讐(ふくしゅう)を図る姿を通して、法と正義、命の意味を問いかける。
ミーハーですが東野圭吾モノ好きです。そして寺尾聰好きです。原作読んでないけど読んだ人曰く竹之内豊はあってないらしい。

東のエデン 劇場版? The King of Eden
今年TV放映された同名アニメの劇場版第1弾。説明不要(ではないですね)のTVアニメ。とりあえずTV版は11話だけなのでそれ観てください。おもしろいですから。第2弾は1月。

全ての音楽データをiTunesに依存している私。
CDと違ってPCが吹っ飛んだら音楽データが全部おじゃんになってしまいます。

なので音楽データは外付けHDに保存しています。
通常はWindowsならマイミュージックにiTunesフォルダができてそこにデータは保存されていますが、それを好きなところに移して変更するわけです。

やり方は簡単iTunesのメニューから編集→設定→詳細で音楽データを保存する先を好きな場所に変更します。
091031_01
これで大切な音楽データを外においておけば安心なのです。
まぁここまでは普通。私も数年前からやっています。

ここからがポイント。
さっきの方法ではひとつ問題があって、登録しているリストやプレイリストを保存している情報のファイル「iTunes Library.itl」がマイミュージックに残ったままなのです。ここには表示しているバイナリデータがあるわけなのですが(iTunes Library.xmlは直接使うものでない)、PCがとんだ場合、音楽データは残っているので最悪は回避できますがせっかくのプレイリストなどがなくなっては困るわけで。このファイルも移動できないのかとずっと思っていたわけです。
それができることが判明。

iTunesを立ち上げるときに「Shift」を押しながら立ち上げます。

そうするとこんなウィンドウがでてきます。
091031_02
これはなんじゃらというとさっきのライブラリに入っているリストデータ、プレイリストなどのファイルはそこなのよって聞いているのでiTunes Library.itlを好きなところに移してそれをここから選んだらよいわけです。
これでCドライブにはデータは一切ないのでPCがぶっとんでも大丈夫。
うん安心。
まぁ外付けHDがとんだら終わりなのですが。。

他にも方法はあるみたいので試してみて下さい。
本来の方法はアップルオフィシャルに掲載されています。
iTunes for Windows:「iTunes Music」フォルダの移動

2009 年 10 月 27 日

初生藤原ヒロシ様

091027

今日仕事関連のイベントで秋元康×藤原ヒロシトークセッションということで見てきました。
このブログをご覧になられている方はおそらく私が藤原ヒロシを好きなことはしっておられると思います。
その崇拝する彼を見れるということで超ドキドキしていたのですが、見ると同じ人間、あたりまえか。

話の内容はクリエイティブ系のイベントだったのでなかなか面白かったです。
概念というか考え方にはお二人に共感できる部分がたくさんありました。

ひょっとしたらお話でもと期待していたのですが残念ながらそれは無理で。。。

とりあえず生で拝めたのでよかった。
今度は話す場がぜひ欲しい!
そしてお友達になりたい。無理か。

091026

前から欲しかったので作りました。
大きいのと小さいのが欲しかったのですがカッティングステッカーは小さいの作れないんですね。

でも満足、とりあえずVAIOと冷蔵庫に。
(よくみるとVAIOに貼ったやつkobeのbがない!いつのまにはがれたの。。)

2009 年 10 月 12 日

沖縄なう(3)

091012

沖縄4日目。
今日はがっつりスケジュール。

午前中に古宇利島へ、橋が最高なのです。そして海が超エメラルドグリーンだってばよ。これはきれいでしたよ。
そのあとはベタにきしもと食堂で沖縄そば、本部周りの森カフェ「やちむん喫茶シーサー園」でコーヒー。

そしてフクギ並樹でお散歩、名物わんこが案内してくれます。超雰囲気あってなんかジブリっぽかくって1時間も歩いてしまいました。

そしてちゅら海水族館、ついたのが4時で少ししか見れませんでした。。残念。
ただジンベイのえさやりは見れたので縦泳ぎいけてました。

トータル本日も最高です。なんかガイドブックコースな感じですがこれはこれでよいです。

そして本日はいいところに泊れることになり、それはまた別で。

2009 年 10 月 11 日

沖縄なう(2)

091011
本日3日目。
今日は海系ということで午前中は青の洞窟のスノーケリング、シーカヤック、そして午後からは体験ダイビングということでずっと海でした。盛りだくさんの1日コースで申し込みました。

青の洞窟は今回始めて知ったのですが、これは超キレイ。
こんなとこあったんすね。有名だとさ。
ちょっと波は高かったんですが、問題なし。
いったことない人はお勧めです。

体験ダイビングはプーケットで1回したので今回は少し余裕がありました。
まぁ海の中は幻想的ですねぇ。
ダイビングよいです。

シーカヤックはついで的な感じであんまでしたが、まぁこれは初体験だったのでありかなと。

利用したのはバスロさん。
メモリーカードをを持っていくと水中デジカメを貸してくれて自分でずっと写真撮れるのですがそれがすごいよかったです 。スタッフの方もきちっとしてくれたしよい人たちでした。

明日も堪能します。

2009 年 10 月 10 日

沖縄なう

091010

昨日から遊びで沖縄入りしております。
お知り合いの方の案内でガラスの工房などめぐり今は国際通りでカフェで休憩中。
今日は少し天気が。。。でしたが万座毛いったりとベタな楽しみ方でよい感じです。

明日はダイビングなど海関連を予定。
今回のメインです。

またレポートします。

2度目ですがやっぱり沖縄いいですねぇ。

Category

Archive Of Month

Search

Popular Entry Top 10

    None Found

RSS Feed

About WARA

クラブイベントpeachpitのオーガナイザー、DJ。
仕事は2004年よりWEB制作会社勤務。現在チーフディレクター。
このブログでは仕事関連なしでプライベートをだらだらと書いてます。Webの仕事関連ブログはこっち(waratsuyoshi.jp)

2018年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Mobile"Sigh of WARA"

画像:バーコード